MENU
PICK UP

美容院

今月半ばにオープン予定の "salon de Gauche" 新装工事が着工しています。



計画自体は昨年夏過ぎから始まっているんですが、様々な紆余曲折を経てここまで辿り着きました。
工事が順調に進めば今月11日には竣工予定です。

日経デザイン

今月号のデザイン業界誌[NIKKEI DESIGN(日経デザイン)]の中のフランス・パリ“MAISON&OBJET”特集の中で、当社でデザインさせて頂いた”TASKEL”ブースの写真が掲載されました。



その記事の見出しは「欧州見本市での見せ方を日本ブランドは今こそ学ぶべき」です。

記事によると今回、日本からは過去最多となる60を超えるブランドの出展があったそうです。
その中の6ブランドが写真付きで紹介されており、その中でTASKELは初出展ながらも注目を集めていたブランドの一つとして紹介されていました。うれしいですね。

記事の中にも書いてありましたが、他国バイヤーとの交渉の上で一番のネックになる信用力を得る為にも”3年以上の継続出展”は必須なのかなと思います。ただ、それは逆に言うとブランド力や企業力のような先入観無しで純粋に商品の善し悪しで判断してくれる環境ということです。そういう環境というのは、小さなブランドやこれから打って出ようというブランドには大きなメリットですよね。

ビジネスとしての成果が出て、初めて展示会出展が成功といえると思うのでそこまでなんとかいち早くこぎ着けたいですね。

表紙絵

最近、沢木耕太朗著の「テロルの決算」「凍」を立て続けに読んだんですがあいかわらずの臨場感に飲み込まれました。
読みながら、鼓動が高まるような本というのはなかなか出会えませんよね。

僕は、高校生の時に「深夜特急」シリーズを読んで以来、沢木氏の著書の大ファンでその著書は全て読んでいます。

そして、最初に「深夜特急」を手に取って読むきっかけになったのがあの表紙絵です。
カッサンドルの描くなんともいえないあの絵に魅せられてついつい手に取り購入していました。



あのアールデコ時代の象徴とも言える単純化された画面構成の強烈な動感とシンプルな文字構成に魅せらたのです。

その後、話題になりドラマ化までされたのですから私の様に魅せられた人はいっぱいいたのでは?(もちろん内容もすばらしいからですが。)

デザインというのがエンドユーザーにとって、手に取る、購入するきっかけに成り得る事を体験した思い出です。

そのデザイン対象が、本であっても、その他印刷物であっても、店舗であっても、その目的を再確認する今日この頃でした。

フライヤー完成

昨年12月に内装設計をさせて頂いた、「a present for your body pelpie」さんのフライヤーが完成しました。


 

» read more

spirich vol.3完成!

作陽大学の学内報、スピリッチの第三号が出来ました。

» read more

新年明けましておめでとうございます。



新年明けましておめでとうございます。
2009年もどうぞ宜敷くお願い致します。

a present for your body pelpie by HAYASHI-SEITAI

岡山市岡町に「a present for your body pelpie」がオープンしました。

» read more

整体院3

 

引き渡しも無事に終わり、今日の残工事が終われば、4日からオープンです。
店名やロゴも新しく変わります。

» read more

整体院2

 

 

» read more

スピリッチvol.3

 

今年の春から、スタートした作陽大学の学内広報誌のスピリッチの第三号の打ち合わせに行って来ました。年明けには、納品予定です。
毎号デザインを変えているので、今回も最終的にどのようなものが出来るのか楽しみです。

 

 

<<back|<89101112131415>|next>>
pagetop