MENU
PICK UP

建築倉庫『ル・コルビュジエ / チャンディガール展』始まりました!

 

寺⽥倉庫が運営する建築倉庫ミュージアムにて、

「ル・コルビュジエ / チャンディガール展 -創造とコンテクスト-」展が

2018年5月26日(土)から7月16日(月・祝)まで開催中です。

シファカではコルビュジエの詩を壁面にデザインさせて頂きました。

 

 

ル・コルビュジエによる都市計画で国際的に知られる、インド北部の都市チャンディガール。

本展では、ヨーロッパから遠く離れたインドという異質な環境下における、

その土地ならではのエレメントとコルビュジエのクリエイションとの関係を見ることができます。

貴重な建築資料や模型だけでなく、建築家自身の手によるスケッチや油彩画、リトグラフなどの美術作品や、

写真家ホンマタカシさんがチャンディガールで撮影した写真や映像作品も紹介されています。

 

 

シファカで担当したコルビジュエの詩からも、彼の思想にふれることができます。

約40の詩が、一見背景のように会場の壁面に佇んでいます。

 

 

 

開催概要

展覧会名:ル・コルビュジエ / チャンディガール展 –創造とコンテクスト- Le Corbusier / Chandigarh -Creation and Context-

会期:2018年5月26日(土)〜7月16日(月・祝)
会場:建築倉庫ミュージアム(〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10)
開館時間:火〜日 11時〜19時(最終入館18時) 月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)
入場料:一般 3,000 円、大学生/専門学校生 2,000円、高校生以下 1,000 円
主催:建築倉庫ミュージアム
監修:
加藤道夫(東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系教授)
千葉学(建築家 / 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻教授)
企画:東京大学大学院工学系研究科建築学専攻千葉学研究室
会場設計:
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻千葉学研究室
吉田昌平(建築家 / 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻研究員)
展覧会アドヴァイザリー:鈴木布美子
展覧会企画協力:アート&パブリック株式会社
協賛:CASAMATTA/ BIBI GRAETZ、株式会社 東京スタデオ、株式会社 フレームマン、株式会社 脇プロセス
特別協力:大成建設株式会社
協力:Centre Canadien d’Architecture、Echelle-1、Fondation Le Corbusier、GALLERY-SIGN、TARO NASU、CIFAKA DESIGN

こちらの記事で詳しく紹介されていました。
シファカの名前は消えているけれど…(笑)

https://hash-casa.com/2018/03/08/teradachandigaph/

 

 

ちなみに、建築倉庫ミュージアムを運営する寺田倉庫は、第27回モンブラン国際文化賞を受賞したばかり。

https://bijutsutecho.com/news/15966/

展覧会も勿論ですが、この場所や状況づくりもとても興味深いです。

ぜひぜひご覧くださいませ!

 

pagetop