MENU
PICK UP

台湾レポその1

先週は雪降る寒い岡山をとびだして

台湾へ行ってきました。

一応大真面目に仕事であります。

木彫作家の小泉悟さんの作品集を作る旅です。

小泉さんの作品がそれとともに暮らす人の生活の中に

いかに入り込んでいるか、その風景を切り取っていく、

そんな作品集です。

 

弊社作元が作品集の企画・ディレクション。

撮影は我らが内田伸一郎写真事務所のうちださんです。

 

さて、岡山−台湾は直航便があり2時間半ほどです。

LCCなので東京へ行くより全然お安い。

いざあたたかい国へ!

桃園国際空港は團紀彦さんの設計。

 

うん。寒い。

 

空港から市内まで移動した頃には

22時を回っていて近場に開いている飲食店はない。

というかわからない。

ということで、仕方なく、仕方なくですよ、

夜市へ行くことに。ヤホーイ

一番有名らしい士林夜市が最寄りでした。

平日の夜ですが若者を中心に人がいっぱい。

お祭り状態です。

 

台湾の面積は九州と同じくらいでその半分が山、

ひらけた西側に大きな都市が集中しています。

人口は2,300万人(九州は1,300万人)、

人口密度は日本の2倍あるそうです。

台北市だけだったらかなりすごそう。

 

さて。

なぜかビールを置いている屋台がない。

屋台でのビールの販売は特に禁止されている訳でもないようで不思議。

ここにはありそうだと入った屋台でビールを頼んだところ

  ビールは置いてないから!

  隣の店で買いな!

とご親切に近くのジュース屋さんまで連れていってもらいビールを手にするも、

  え?持ち込み?

  できないよ!

  また来いよ!

素敵台湾摩訶不思議。

 

ビールは60元(200円)くらい、だったような

何軒か彷徨って

身振り手振りで持ち込みしたいと訴える。

多分伝わったようです。
 

食べるものは一品30元(100円)〜くらいです。
漢字で書かれているので少し予想はできますが

なにが出てくるかは口に入れるまで、

というか口に入れてもわからない。

ナンダロコレ。

なんだか独特の香りがします。

八角かな?とか言いつつも八角を知らない。

綜合焼雞孚なるものがとても美味しかったです。

(シーフードオムレツ、らしい。)
 

臭豆腐屋さんを通りすぎるとき、ものっすごい臭いがします。

チーズ的な感じで愛されている様子。

ノートライでフィニッシュ。

 

きになる看板 ,茲わからないけど強い

きになる看板◆/笋靴燭い箸咾

 

きになる看板 そこそこエライ感じ

 

そんなこんなで夜は更け1日目終了です。

全然撮影してないですね。

次回に続く。

 

 

(yamoto)

 

pagetop