MENU
PICK UP

碑について 永田広志展のご案内

11月26日より永田広志展『碑について』を開催いたします。

[碑について] 2016 H3600mm W3600mm
木製パネル、紙、油性ペン、ジェッソ
徳島県立近代美術館

 

 

11-12月のCCCSCD galleryは、永田広志展 [碑について] を開催いたします。

絵画、立体、映像と多岐にわたる表現方法でつくられた空間の提示。
白と黒のモノトーンの作品6点を展示いたします。

自身約6年ぶりの個展、岡山では約10年ぶりの個展となります。
是非待望の最新作をご高覧くださいませ。

 

 

《本展覧会によせられた寄稿文》

膨大な言葉で構築された「無」

永田広志の作品は、黒と白を基調としたものが多い。色という情報をなくしたそのシンプルな世界は、言葉やコンセプトといったものを極限まで削ぎ落とした結果なのだろう。反面、実は彼の作品には言葉が溢れている。しかしその多くは色のないインクで印刷されていたり、文字の一部分が消されていることによって私たちの目に触れることはない。実際にその存在のことを聞かされない限り、気づかないものがほとんどだろう。この一見無駄で意味のない作業が、永田作品の深みの正体なのではないかと、私は思う。永田氏の人となり、また制作に取り組む姿勢を見ていると、彼ほど考えに考え抜いて作品を創る作家もいないと感じる。その膨大な量の言葉や哲学を経たところにある、ある意味「無」の境地を、彼は目指しているのではないだろうか。かつて仏教の世界で様々な宗派の経典や教えを突き詰めた境地が、言葉のない「無」を目指す禅だったように。一口に「無」といっても、最初から何もない「無」と、様々な葛藤や熟考の果てにたどり着いた「無」とでは、全く違う。一見シンプルな作品の油性ペンで書かれる線の一つ一つ、真っ白い作品の隅から隅までに、彼が日々考え、葛藤した言葉が溢れている。それが見た目はただの白でも、そこには永田広志の生き方が確実に存在している。だからこそ永田作品は私たちに語りかけ、何かを問いかけてくる。この「無」の世界には、何か大切なものが潜んでいるのだと。

松元康明(写真家)

 

“Mu” - nothing, which is built up of voluminous words

In Hiroshi Nagata’s artworks, we see many of them are based on tones of black and white. His simple world with no element of color, is the fruit of diminishing the things such as word and concept as much as he can. However, his works are inundated with words in fact, although most of them are printed with no color, or some parts of the letter are cleaned off so that they become invisible to us. Many of us won’t recognize them unless we are told their presence. I believe this ostensible meaningless step is making the world of Nagata’s artwork deeper. When you get to know Mr.Nagata and observe his attitude toward the creations near at hand, you will notice no one creates with more pondering and consideration than he does. He might be on his way to the state of “Mu”, after learning an ample number of words and philosophy. Just like “Zen” in Buddhism, a road to reach “Mu” - a state of mind without words - , which was once considered a final stage of speculating on various sutures and doctrines. “Mu” has countless meaning. “Mu” from nothing at all completely differs from “Mu” a person finally reaches through all kinds of inner conflicts and consideration. Even if his artworks look simple, every single line of oil-based ink and every part of the pure white canvas are full of his words that he hammered out. At first we might take them as just a white world, however, we find the existence of Hiroshi Nagata’s way of life there. Therefore Nagata’s works are speaking to us, questioning us, and telling us that something precious is waiting to be found be us in this world of “Mu”.

PhotographerYasu Matsumoto

 

永田広志
1980     徳島県生まれ
2004     岡山県立大学卒業
www.hiroshinagata.com

 

 

会期:2016/11/26 - 12/18 会期中不定休
時間:平日 10:00 - 19:00 土日祝 9:00 - 19:00
場所:CCCSCD   [ gallery space ]

住所:〒700-0813
岡山市北区石関町6-3 2F
Tel  :086-236-0165

pagetop