MENU
PICK UP

シャンプーボウル

現在計画中の美容院で使用する為のシャンプーボウルを、特注で陶芸家へ依頼しているのですが、昨日は成形がだいたい出来たという連絡をうけ、クライアントとその陶芸家の工房へお邪魔してきました。





美容院をするには必ず必要なシャンプー関連機器。

メーカーものを買って使うのが常識ですし、今まで僕が設計して来たところもそうしてきました。
なので、その部分でショップのオリジナリティーを出すというのは中々至難の業です。

もちろん、機能性やメンテナンス性など、色々とそれを選ぶ理由はあるんですけどね。

今回は、その辺のリスクも含めて、シャンプースペースがショップの顔になるような店舗デザインということで提案し、勇気あるクライアントの決断で進行中です。

そんなこんなで、シャンプーボウルを特注で作ってもらってるんですが、これが中々難しい。

かなりでかいサイズになるし、全体のサイズや首周りの形状等は、色々な種類の既存の機器を徹底調査した上で図面をひたんですが、形になるまで半信半疑。

昨日、形になった姿をみてちょっと安心でしたが、実際のところは窯から出るまでわかりません。

何度か試作を重ねて最終物に辿り着く予定です。
pagetop