MENU
PICK UP

日本の住宅事情

バタバタを理由に更新が途切れがちです。

今、日本の住宅事情は大きく変わる過渡期にあるといわれています。

これまでの「新築」主流から、「リフォーム」「改築」「リノベーション」へとシフトしていっています。数年前からいわれていますが、昨今の政権交代をきっかけにこの流れは加速するともいわれています。

この流れは、関係業界のあり方自体の変化も促す事でしょう。

先日、東京出張だったのですがその時にもお話がでていました。
主要先進国の中でも人口比に対する新築の着工比率は日本が突出しているそうです。

一時的な景気対策のカンフル剤として期待され、結果的にこのモデルが日本の高度成長を支えてきたという側面もありますので、一概にそれが悪いという事ではないのですが。。。
壊さなくても良いものを壊しながら新しいものを作ってきたともいえるでしょう。

最後に、進行中の住宅の進行状況です。


柱だけになりました。


ベタ基礎


柱取替や補強をいれていって

また報告します。
pagetop